【CG】:海外のスタジオの様子が 海外のスタジオの様子がわかる記事など

■海外のスタジオの様子が 海外のスタジオの様子がわかる記事など
こうみると閉鎖されてる空間ではなく比較的オープンなんですな

■Phoenix フルイドダイナミクスシステム [Phoenix FD] (8月9日)リリース !
9/10まで半額!?

■V-Ray RT for Maya ベータテスト プログラムを開始!
ほー!

■あの次回予告はこうして生まれた!『迷い猫オーバーラン!』サンジゲンの仕事に迫る
サンジゲンメモ!!!!

>松浦 ある程度の希望は訊きつつ、割り振りました。だけど、新人とか若手は一切関わってないんですよ。ほぼ中堅・ベテランの面子ですね。
── それはどうしてなんですか?
松浦 サンジゲンとしては、今後、どうしてもキャラクターアニメーションをやっていきたいという希望があるんですね。そのフラッグシップになるような画にしたいな、と思ったんです。それで今回は、中堅・ベテランのクラスで、キャラクターアニメーションに興味があるようなスタッフをパッと集めて、それぞれ「1週間で作ってくれ」と。
── えっ、全部1週間で作ってたんですか。
松浦 ええ。実質5日間ぐらいですかね。CG作画監督としてクレジットされている藤澤(俊幸)さんという方は、基本的には手描きのアニメーターをやられている方なんですよ。スタジオライブに所属されているんですけど。
── ああ、あの藤澤さんですか! お名前はよく拝見してます。
松浦 凄く仲良くさせてもらってるんです。やっぱり3DCGによるキャラクターアニメーションとなると、僕らには先輩がいないんですよね。だから作画アニメ的な作法を含めて、ちょっと見てもらえないですか? とお願いしたら、面白そうだという事で快諾してもらって。それで藤澤さんに入ってもらってるんです。


だんだん極みの域に!!!てか5日って・・
2Dアニメーター取り込んでるのは非常に強みかと!!




うおおおおおおおおおおおおおおおおお

このブログの人気の投稿

【日々】:2016.12.5~2016.12.11