【CG】:高機能リグの罠とシンプルリグのすすめ

■高機能リグの罠とシンプルリグのすすめ
かなり前の記事だけどtwitterで話題になってたので今一度メモ
個人的には高機能すぎるものは扱いづらいかなーという印象はある
よく見たり聞いたりするのは高機能すぎるけど全アトリビュートまでは使わなかったりとかアニメーターがリグに振り回されてしまうってのはありますね
とはいえヒューマンリグに関しては多少の違いあれど大体似たような感じなので大丈夫かな?
キー打ちに関してもツールと小技つかえばいけます

あとはなぁ~、アニメーター的にはとにかく軽いリグがいいですわ
というのも作るものに対してのトライ&エラーができるというのは非常に重要で
仕事においては要求されてるモノを突き詰めることができるし、やってる本人もそのトライ&エラーをすることでスキルアップすると思うんですよねー
一番重要なのが数こなし積み重ねていくことなんですわ

そんなわけで個人的に興味があるのがモーションビルダーです
リアルタイム性が高いというのはアニメーターにとって恩恵だと思う
・・・なんだけど色々とクセあるみたいで一長一短かもなー

■映画「アバター」アニメーション・テクニカルディレクター、New Tek社 3DCG開発チーム副社長/Rob Powers氏 インタビュー

■PPI(ポリゴンピクチャーズ)にみる工場型戦略1
メモ

このブログの人気の投稿

【日々】:2016.12.5~2016.12.11