【CG】:MAYAトレーニングブック3にべったり


最近仕事の合間にコレ読んでます
いわゆるCG系のリファレンス本から遠ざかってたんですが
年々アニメーション以外の事の進歩も激しいし必然的に色々と勉強してます





この本思ってた以上に凄かったΣ(゚Д゚)

まずMAYA2012対応というのがありがたかったです!
ちょうど今2012使ってる最中なのでスルーしてた新機能関連の事も書かれておりすんなり習得することができましたよ!
これは非常にありがたいです、聞いてる感じだと2011見送って2012を導入してるところも多いみたいでいまさらなんぞこれ状態になってる人も少なくないとか云々(それもあって2012は2011の諸問題抱えてる感じですが)
これからは必然的に2012~にシフトなのでそれだけでも持ってて損はしないかもw

あと個人的に良かったのはmel関連でしょうか
最近自分も簡単なツール作ったりとmelが必須になりつつあるんですがその導入編として非常にわかりやすく書かれております


MEL教科書 第2版 - Mayaプログラミング入門 -
MEL教科書 第2版 - Mayaプログラミング入門 -

melの教科書とかも良いんですがいかんせん敷居が高いというかw
基礎がわかってからのほうがいいかとおもいます
これも持ってて損はしませんね!

自分の場合最近はモデリングもレンダリングもほとんどしないのですが
時々必要になる時あるので手引き書としては申し分ないです
ていうかMAYAでまともにモデリングしたことないな・・・・・・・


Autodesk Maya トレーニングブック 3
Autodesk Maya トレーニングブック 3

いくつかMAYAの書籍はありますがここ最近のだとスマッシュヒットな感じヽ(´ー`)ノ
ビギナーもそうでない人も1冊持ってると重宝します

ただまぁ気になる点といえばエフェクト関連がまったく無い(別の本で代用?w)という事と日本語メニューで書かれてる事でしょうか
数年前から日本語メニューになったMAYAだけど、日本語仕様で使ってる人がどれだけいるの??とは思ったりする
今の学生さんでも英語メニューのような気がするんだけどどーなんだろうね??

このブログの人気の投稿

【日々】:2016.12.5~2016.12.11