【日々】:時は残酷

震災の時に

「あぁ、、日本のため人のためなにかしましょう、手をとりあいましょう」

というのは業界関係者亡くなって

「あぁ、、健康に気をつけましょう長生きしましょう、何かを残しましょう」

と同じ感じに見えるんだけど結局喉元過ぎれば的になっていかんとは思う
そもそも残すという点でいうとあまり時間も残されてるわけでもないし数も限られてるしなーというのは感じる
自分自身の可能性とは別で限りある時間というのは残酷なものです

このブログの人気の投稿

【日々】:2016.12.5~2016.12.11